セレナは値引きだけでは安く買えない

セレナの値引き相場が高騰し続けており、なかには60万以上値引きできたという例も出てきています。ヴォクシーなどの台頭によりセレナの人気が落ちており、その影響で値引き額が増えてきていると考えられます。

とはいえ、ただ値引きすれば安くなるというわけではありません。実は下取り価格によっては大損することがあるのです。これを知らずに、ただ割引して喜んでいる人がおおすぎます。

セレナの値引きの<絶対条件>をチェックしよう

これはどういうことかというと、愛車の買い取り相場を知らないままディーラーで交渉を行い、下取り価格をアップしますよといって契約させてしまうということです。いいことのように思えますが、もともと50万の価値がある車を15万で下取りしますよと言われ、ホイホイ乗ってしまっては大損ですよね。それがまかりとおっているのです。

いくら60万値引きできたとしても、下取りで30万損をしてしまっては結局30万しか値引きできなかったのと同じです。こうなってくると、セレナはミニバンの中ではそれほど燃費が良くないほうなので、トータルコストでその他のハイブリッド車種に負けてしまいます。

そのため、気をつけなくてはならないのが愛車の買い取り相場の把握です。事前に査定サイトなどで見積もりをとっておき、自分のいまのっている車の買い取り価格をしっかり調べておく必要があります。

相場価格を知っておくと、営業マンがふっかけてきたときに気づくことができるので、逆手にとって交渉を有利に進めることも可能となります。相手はこちらが知らないと思ってたかをくくっていることがあるので、そういった手が有効となってくるわけです。

もし60万円引きでセレナが買えれば、たとえばノアやエスクァイアといった人気のハイブリッドミニバンを買うのとそうそう変わらないトータルコストになります。セレナが好みなのであれば、できるだけ安く買うのが今後後悔しないためにも重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>